AALA FORUM 2021(第29回)

2021年9月19日(日)

ウェブ開催(Zoom使用) 12:00頃からZoomミーティングを開始します。

12:00~13:00 総会

13:00~14:30 研究発表
仁平千香子(山口大学)
「二世の贖罪意識についての考察――John Okadaと森崎和江の比較から」
岸野英美(近畿大学)
「水資源の危機――Rita WongのUndercurrentを読む」

14:30~18:00 シンポジウム
「アジア系アメリカ文学の新世紀――21世紀初頭のピューリッツア賞・全米図書賞受賞作/ファイナリストを中心に」司会:古木圭子(奈良大学)
発表:
麻生享志(早稲田大学)
「ピューリッツァ賞への道――Viet Thanh Nguyen, The Sympathizerにおける「ヴェトナム」表象とアメリカ文学史」
牧野理英(日本大学)
「「島」と日系アメリカ――I Hotel(2010)を読む」
藤井爽(近畿大学)
「成功物語としてのMin Jin Lee, Pahinko
加藤有佳織(慶応義塾大学)
「容赦なく語ること――Hanya Yanagiharaの小説における暴力の表象」
志賀俊介(成蹊大学)
「故郷の影とともに――Jhumpa Lahiri, The Lowlandにみるインド系移民のアメリカ像」

会員以外の方で参加をご希望の場合は、事務局までご連絡ください。
アジア系アメリカ文学会事務局 hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp