The 144th Meeting(第144回例会)

【日本語】
以下のように、7月例会(第144回)例会を開催します。ご多忙とは存じますが、どうか万障お繰り合わせの上、ふるってご参加ください。
※Zoomを利用したウェブ開催になりました。

日時:2022年7月16日(土)15:00~18:00

研究発表:
1)井上明紀(都留文科大学[院])
「非規範的な生を渇望して―Yiyun Li, “After a Life”におけるクィアとその他の周縁化された登場人物たち」
2)小谷真由(神戸大学[院])
「Julie Otsukaの短編‟Diem Perdidi“における失われゆく記憶をめぐって」
3)林 麗婷(立命館大学[非])
「金韻梅が描いたハワイのチャイナタウン」

問い合わせ先: アジア系アメリカ文学会事務局 hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp

【English】
This web meeting will be held via Zoom. We look forward to seeing you again at the meeting on Web.

[Date and Time] 3:00pm-6:00pm, July 16 (Sat.), 2022

[Presentations]
1)“Aspiring for Non-Normative Life: Queer and Other Marginalized Characters in
Yiyun Li’s “After a Life””
Akinori Inoue (Graduate Student, Tsuru University)
2)“Memories Fading Away in Julie Otsuka’s Short Story “Diem Perdidi””
Mayu Odani (Graduate Student, Kobe University)
3)“Hawaii Chinatown Portrayed by Kin Yamei”
Lin Liting (Ritsumeikan University)

For more information and questions regarding the meeting access, please feel free to contact: hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp (AALA Executive Office)

2022年度例会について

2022年5月例会は中止します。
2022年7月例会はオンラインで開催する予定です(7月15日[土]を予定)。
なお、11月例会、1月例会(オンラインまたはハイブリッド開催)の発表者を募集しています。
応募は事務局までメールでお知らせください。
事務局 hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp

THE 143RD MEETING(第143回例会)

【日本語】
以下のように、3月例会(第143回)例会を開催します。ご多忙とは存じますが、どうか万障お繰り合わせの上、ふるってご参加ください。
※新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のために、Zoomを利用したウェブ開催になりました。

日時:2022年3月19日(土)14:00~18:00

・研究発表(14:00~15:30)
1)古川拓磨(神戸大学(院))
「キリスト教的観点に基づくヒサエ・ヤマモトの「フィレンツェの庭」の分析――戦争体験と異人種間交流の考察」
2)渡邊真理香(北九州市立大学)
「クィア・セオリー以前期におけるアジア系レズビアン文学」

・特別企画:「『アジア系トランスボーダー文学』合評会」(15:30~18:00)
評者:中垣恒太朗(専修大学)
塚田幸光(関西学院大学)
杉山直子(日本女子大学)
※2021年10月にAALA会員が中心となって編集・執筆した論集『アジア系トランスボーダー文学――アジア系アメリカ文学研究の新地平』(小鳥遊書房)が刊行されました。本書の合評会を「特別企画」として開催します。

Zoomの接続等についてのご質問がありましたら、事務局までお問合せください。
問い合わせ先: アジア系アメリカ文学会事務局 hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp

【English】
Owing to the pandemic condition of COVID-19, this web meeting will be held via Zoom. We look forward to seeing you again at the meeting on Web.

[Date and Time] 2:00pm-6:00pm, March 19, 2022

[Presentations]
1) “Considering War Experience and Interethnic Relations in Hisaye Yamamoto’s “Florentine Gardens” from a Christian Perspective”
Takuma Furukawa (Graduate Student, Kobe University)
2) “Asian American Lesbian Literature before Queer Theory”
Marika Watanabe (University of Kitakyushu)

[Special Session] “Reading Transborder Asian Literature: The New Horizon of Asian American Literary Studies (Takanashi-shobo, 2021)“
Reviewers:
Kotaro Nakagaki (Senshu University)
Yukihiro Tsukada (Kwansei Gakuin University)
Naoko Sugiyama (Japan Women’s University)

For more information and questions regarding the meeting access, please feel free to contact: hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp (AALA Executive Office)

THE 142ND MEETING(第142回例会)ウェブ開催

<日本語>
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のために、Zoomを利用したウェブ開催とします。

日時:2021年3月27日(土)14:00~18:00

研究発表
・「難民母娘の自伝的語り——Lan Cao & Harlan Margaret Van Cao, Family in Six Tonesを読む」 麻生享志(早稲田大学)

特別企画:「AALAフォーラム 2020・アップデート」
<「アジア系アメリカ文学研究と日本文学研究の交差――「トランスボーダー日系文学」という新たな研究アプローチ」>
・山本秀行(神戸大学)[兼コーディネーター]
「Haruki Murakami は(アジア系)アメリカ文学か?――翻訳媒介(トランスレーショナル)文学として村上春樹」
・古木圭子(京都先端科学大学)
「Chiori Miyagawa の描く幽玄の世――This Lingering Life を中心に」
・中地幸(都留文科大学)
「多和田葉子とマキシーン・ホン・キングストンの交点――神話、母娘関係と鏡文字バイリンガリズム」
・松永京子(神戸市立外国語大学)
「日系文学と原爆――ナオミ・ヒラハラの〈ミステリ〉小説にみる放射能汚染と植民地主義の言説」
・トーマス・ブルック(神戸大学・日本学術振興会特別研究員)
「私たち(の)を分断する壁――リービ英雄とカズオ・イシグロにおける言語・文化的帰属性と翻訳の問題」

Zoomの接続等についてのご質問がありましたら、事務局までお問合せください。
問い合わせ先: アジア系アメリカ文学会事務局 hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp

*********************************

<English>
Owing to the pandemic condition of COVID-19, this web meeting will be held via Zoom. We look forward to seeing you again at the meeting on Web.

[Date and Time] 2:00pm-6:00pm, March 27, 2021

[Presentation]
・“Autobiographical Narratives of a Refugee Mother and an American Daughter: Lan Cao and Harlan Mararet Van Cao’s Family in Six Tones”  Takashi Aso (Waseda University)

[Special Session]“AALA Forum 2020 Updated”: “Crossover between Asian American Literary Studies and Japanese Literary Studies”—Toward a New Research Approach of “Transborder Japanese Literature””
・Chair and Speaker: Hideyuki Yamamoto (Kobe University)
“Can Haruki Murakami be Called an (Asian) American Literature?”: Haruki Murakami as “Translational Literature””             
・Keiko Furuki (Kyoto University of Advanced Science)
““Yugen” in Chiori Miyagawa’s Theatre: A Study of This Lingering Life
・Sachi Nakachi (Tsuru University)
“Yoko Tawada and Maxine Hong Kingston: Myth,Mother-Daughter Relationship, and Mirror-Writing Bilingualism”
・ Kyoko Matsunaga (Kobe City University of Foreign Studies)
“Atomic Bomb Narratives in Japanese American Literature: Postcolonial and Radioactive Discourse in Naomi Hirahara’s Mystery Novels”
・Thomas Brook (Kobe University, JSPS Research Fellow)
“‘Our Dividing Walls’: Linguistic and Cultural Belonging and the Issue of Translation in the Literature of Levy Hideo and Kazuo Ishiguro”                

For more information and questions regarding the meeting access, please feel free to contact: hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp (AALA Executive Office)