執筆要領

AALA Journal 執筆要領 >(2005年9月18日改訂)

1.当該年度までの会費を滞りなく納めている会員は論文、書評、研究ノート、文献解題等を投稿することができる。ただし、未発表のものに限る。既に口頭発表したものを投稿する場合はその旨、明記するものとする。
2.原稿は原則としてパソコンで作成すること。設定はA4判横書き(和文)1頁40字×30行、(英文)1頁ダブルスペースで25行。原稿枚数は400字詰め原稿用紙に換算で、研究論文は(和文)30枚以内、(英文)20枚以内、書評、研究ノート及び文献解題は各12枚以内。なお、英語論文については、別掲のAALA Journal Submission Guidelines for Papers Written in Englishを参照のこと。
3.原則として、書名、著者名、人名、地名に関しては和文名で書き、初出の時のみ括弧に原名を入れる。ただし、周知のものに関しては原名不要。
4.注記、出典明示の方法に関してはMLA Handbook for Writers of Research Papers (または日本語版『MLA英語論文の手引き』北星堂書店)に準拠すること。英語版・日本語版とも最新版を使うことが望ましい。
5.プリントアウトした原稿3部を指定された期日(通常、6月末日)までに、事務局または当該年度の編集長(前年度の総会で決定)に提出する。原稿の電子ファイルの提出については編集委員会から連絡を受けてから行うこと。
6.執筆者による校正は原則として初校のみとし、誤字脱字等の軽微なミスの訂正に留めること。
7.論文等の抜き刷りは作成しない。

AALA Journal Submission Guidelines:
(1) Submission of a manuscript will be accepted only from current members of AALA. The annual membership fee should be paid prior to the time of submission. Deadline for submission is June 30 each year.
(2) Manuscripts submitted for review cannot have been published or have been accepted for publication elsewhere, though papers that have been presented orally can be submitted provided that that fact is made clear.
(3) Manuscripts should be sent by mail to the address of the AALA office listed below.
(4) The latest version of The MLA Handbook for Writers of Research Papers should be used as a guide for style. All notes must be grouped together at the end of each paper.
(5) Manuscripts should be up to 20 pages (double-space, 25 lines per page) in length, including the foot notes and “Works Cited.”