THE 146TH MEETING(第146回例会)

科研(B)プロジェクト「「トランスボーダー文学日系文学」の研究基盤構築と世界的展開」との共催の特別企画

開催日時:2月19日(日)14:00~(1月例会の開催月を変更して開催します)
開催方法: Zoomによる開催
会員以外の方も参加可能です。Zoomミーティング情報などをお送りしますので、参加を希望される方は本学会事務局までメールでご連絡ください。

<プログラム>
14:00~15:00
特別講演「エキゾチシズムから反オリエンタリズムへ――外国人の見たアジア、アジアから見た「外国人から見たアジア」」
大東和重 氏(関西学院大学教授, 比較文学・中国文学)
15:30~18:00
ミニシンポ「世界文学としてのアジア系(アメリカ)文学」
発表者
山本秀行(神戸大学)兼司会
「David Henry Hwangの<日本物>連作劇Sound and Beauty再読――トランスボーダー性と世界文学的可能性」
松本ユキ(近畿大学)
「フィリピン系文学の世界――Mia AlvarとLualhati Bautistaを中心に」 
コメンテータ
濱田麻矢 氏(神戸大学教授, 中国文学), 干場達矢 氏(日本経済新聞文化部デスク)

問い合わせ先:アジア系アメリカ文学会事務局 hdyamamo@lit.kobe-u.ac.jp